【大丈夫?】ハムスターってチョコレート食べられる?【もし食べたら?】

ブログ記事「ハムスターってチョコレート食べられるの?」の画像です。

この記事では以下のことについて紹介しています。

ハムスターってチョコレート食べられる?

あなたはチョコレートお好きですか?美味しいものをペットに与えたくなるのは、飼い主の本望ですが、チョコレートはどうでしょうか?

結論からお伝えすると、「ハムスターにチョコレートは基本的には与えない、食べない方が良い」となります。

少々歯切れが悪いですね。この理由をお伝えします。

チョコレートの毒性について

ペットの代表格「犬、猫」こちらの子たちには、チョコレートは与えてはいけません。

チョコレートに含まれるテオブロミン、カフェインを代謝する能力が低く、中毒症状を起こします。

一方、ハムスターなどの齧歯類には、犬、猫ほどの有害性がないとの記事がありました。ハムスターが誤って食べてしまった場合には、落ち着いて行動しましょう

いずれにせよ多くの摂取は中毒症状を起こしますので、基本的には与えないのが吉です。

マウスの実験に至っては、テオブロミン、カフェインを摂取させ(分量を正確に測っている)行動学習能力が上がったり、ガンの増加を予防する効果がある、運動量の増加が見られています。

25282021 研究成果報告書 – KAKEN 様 R4 7/17転載
https://kaken.nii.ac.jp/en/file/KAKENHI-PROJECT-25282021/25282021seika.pdf

カフェイン摂取がマウスの行動に及ぼす影響 様 R4 7/17転載
http://behavior.hus.osaka-u.ac.jp/2017/01A13008.pdf

*上記の文はチョコレートの摂取を推奨する意図はありません。マウスとハムスターでは効果に違いが出る可能性があります。

私見ですが、マウスなどの雑食と、犬、猫などの肉食では、テオブロミンなどのアルカロイド系の毒に対する抵抗力が多少違うのかもしれません。

研究に使用した量は餌に対してテオブロミン量0.05%くらいのごく少量となりますので、チョコレートで考えると爪の先より小さいくらいしか与えていません。

普段私たちが研究の成果を得られるように与えるのは、無謀に近いでしょう。

では、実際ハムスターがチョコレートをどれくらい食べて中毒症状を起こすかを考えていきましょう。

ハムスターがチョコレートをどれぐらい食べたら中毒症状を起こす?

それでは、もし誤ってチョコを与えてしまった時、どれくらいで中毒症状を起こしてしまうのでしょうか?

こちらは、犬、猫の量を基準にすると良いかと思います。齧歯類であるハムスターは犬猫よりも多少耐性があると思われるので。

調べてみると、板チョコ1枚(50g前後)に対してテオブロミン量200~400mgとのことです。

犬に対しての致死量は、体重1kgあたり100~400mgと個体差が現れるようです。

ハムスターの体重を100gとして一番影響の出やすい数値で計算してみましょう。

100mg ÷ 10(100gに換算) = 10mg(ハムスターのテオブロミン致死量の推定)

板チョコ1gに対してテオブロミン量は、12.5gのため、ほぼほぼ1gで重篤な症状が出る可能性があります。

げっ、思ってたより少ない量で十分な影響が出そうですね。これは怖い。

板チョコを50等分した1つを食べると危険ですので、ハムスターの手に持てるサイズを食べた時点で対処を行った方が良いでしょう。

ハムスターがチョコレートを食べた時の対処法は?

誤ってハムスターがチョコレートを食べてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

できることは一つです。病院に連れていきましょう。連れて行く前にはハムスターがチョコをどれぐらい食べたか量も大体で良いので確認してください。病院での対処の参考になります。

しかし、ハムスターは、犬、猫と比べて嘔吐させたり、麻酔を打って胃の洗浄をおこなったりとする行為に非常に危険が伴います。対処できる病院も限られるでしょう。

多く食べてしまった場合は、最悪の事態も考えなければなりません。

一番大切なことは、予防

病院でも対処できる方法は限られると考えられます。

一番大切なのは、日頃から誤って食べさせない予防をすることが大切です。

部屋の中を歩き回らせる際には、掃除機をかけて食べこぼしのチョコレートを食べさせない。

人がチョコレートを食べた後には、必ず手を洗ってハムスターと接する。

チョコレートをハムスターのケージの近くに置かない。

これらのことがとてもとても大事です。1gで重篤の症状が出る可能性がある限り、少しでも中毒症状が出る可能性があります。

手についたチョコの残りでも十分に危険でしょう。しっかり予防しましょう。


チョコレート私たちはよく食べますね。そんなものでも、ハムスターを始めとした動物たちには毒になるようです。

しかし、しっかりと管理した上で、ごく少量を食べる分にはさまざまな効果もあるようです(個人で管理するのはお勧めしません)。

食べ物の世界は奥が深いですね。

ちなみに人もチョコを食べすぎるとポリフェノール過多で頭が痛くなるそうです。私たちも食べ過ぎに気をつけましょう。

あなたとハムスターの健康を応援しています。

【もしかして?】ハムスターってニラ食べられる?【やっぱり?】

ブログ記事「ハムスターってニラ食べられる?」の画像です。

この記事では以下のことについて紹介しています。

ハムスターってニラ食べられる?

ネギと違って辛みもないし、滋養強壮にいいと聞くニラ。

ハムスターの健康にはいいのでしょうか?

「ハムスターはニラを食べられません!加熱してもダメです!」

健康に良さそうなのになぜでしょうか?

実は、ニラもれっきとしたネギ科に属する野菜なのです。ネギと同じ種類ですね。意外に思った方もいるのではないでしょうか?

毒性についてもやはりネギ、玉ねぎと同じ成分の有機チオ硫酸化合物というものが含まれており、人間、猿以外の動物にとって有害です。

ネギ類のものはどれもダメなことが多いですね。

ニラの毒性について

ニラの毒性は、先述の通りネギ類と同じ有機チオ硫酸化合物です。

赤血球を酸化し、酸素の取り込みなどを阻害して貧血に貶めます。

症状としては、

  • ハムスターの手足、口腔内の赤みがなくなる
  • 酸欠のため呼吸が速くなったり震えが出る
  • 嘔吐をしたり、下痢が出てくる
  • ひどい場合には、痙攣をしたり、呼吸困難となる

とても恐ろしい毒性ですね。

ちなみになぜ私たち人間や猿がネギ、ニラを食べられるかというと、

有機チオ硫酸化合物で破壊される赤血球、ヘモグロビンを守る物質があるからと言われております。

しっかりとブロックできるからこそ、食べられるわけですね。

ハムスターには与えないようにしましょう。加熱しても有機チオ硫酸化合物は無くなりませんので、焼いてもダメです。

また、気をつけていても散歩の途中で誤って食べさせてしまったり、ニラを切った包丁などでハムスター用の野菜を切ってしまって、与えてしまうということもあります。

ハムスターがニラを誤って食べてしまったら?

ハムスターが、散歩中や、他の野菜に付着したニラを食べてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

まずは、食べてしまった量を覚えて動物病院へいき、先生に詳しく説明をしましょう。

犬、猫が謝って食べてしまった場合には胃の洗浄、ビタミンCの注射(ニラの毒性の中和)を行うそうです。

ハムスターは小型のため、胃の洗浄などは行えない可能性がありますが、なんらかの処置を行なってくれるはずです。

犬、猫では、実際に玉ねぎやニラを食べて死亡した事例は多くないようです。食べる量によって中毒症状は出るものの命に関わるほど食べることはあまりないようですね。

ハムスターも誤って食べてしまっても、食べ過ぎることはないかと思いますので諦めずに病院に連れていきましょう。


ハムスター、飼っていると様々な疑問や、トラブルが出てくることがありますね。

そんな疑問やトラブルを少しでも解決できるようこの記事を書いています。

あなたと、ハムスターのより良き生活を応援しています。

【大丈夫?】ハムスターってネギ食べられる?【もし食べたら?】

ブログ記事「ハムスターってネギ食べられる?」の画像です。

この記事では以下のことについて紹介しています。

ハムスターってネギ食べられるの?

玉ねぎはハムスターにとって有害となりますが、ネギはどうなのでしょうか?

散歩の時に誤って口にしたり、ネギを切った包丁などで与える野菜を切ると成分をハムスターが摂取してしまうことがありますね。

ハムスターはネギを「食べられません!加熱してもダメです!」

それでは理由について確認していきましょう。

ネギの毒性について

ネギには、玉ねぎと同様の有機チオ硫酸化合物が含まれており、赤血球を溶血させて利用できなくし、貧血の症状を起こします。

症状としては、

  • ハムスターの手足、口内より赤みが消える
  • 呼吸が速くなったり、体が震える
  • 嘔吐をしたり、下痢をするようになる
  • ひどい場合は、痙攣や、呼吸困難になる

ほとんどの動物で、症状が出てしまいます。人間と猿だけ、有機チオ硫酸化合物に耐性のある物質があり、赤血球の溶血を防ぐことができるようです。

犬、猫の場合、種類、サイズによって症状が出る量が変わり、概ね1kgあたり5g~20gのようです。

犬猫での死亡例は、少なく、動物病院にて治療、入院で快方に向かうことが多いようです。

ハムスターの症状が出る量を犬猫そのまま当てはめてみると100gのゴールデンハムスターで0.5gとなりますね。やはり小型になると少ない量でも影響が出そうです。

ハムスターがネギを食べてしまった時は?

誤ってハムスターにネギを与えてしまったり、散歩の時に誤って食べてしまったり

包丁でネギを切った後に野菜を切り与えてしまった場合など、不意に食べてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

犬、猫のサイズのある動物は、ネギ類を食べてしまった場合、動物病院につれていき、胃の洗浄や、ビタミンc (溶血に対する対処)の注射を行うようです。

ハムスターの場合もネギ類を誤って与えてしまった場合は、動物病院へ連れていきましょう。

できることは限られているかもしれませんが、様子を見るよりはマシです。

あなたのハムスターを大切にしてあげてください。

また、食べさせないための対処が一番効果がありますので、散歩の前に掃除機をかけたり、ハムスターなどのペットに与える際の包丁、まな板などは別で用意をするなどの工夫をすると安全に過ごせるかと思います。


意図せず、ちょっとした油断で飼っているハムスターに与えてはいけないとされている物を与えてしまう場合があります。

人間ミスをする生き物なので仕方のないことですが、別の包丁を準備したり、散歩させる範囲の掃除をするなど、ミスをできる限り防ぐ方法はあるかと思います。

誤って与えてしまった時には、いずれにせよ、人間同様、病院に通うことが一番の対策になるかと思います。

小さい体で、3年ほどの寿命ですが、ハムスターたちはしっかりと生きてあなたを信頼して過ごしています。

間違いが起こった時にはしっかりと対処をしてあげましょう。

あなたとハムスターの安心した生活が送れるように、食べ物の毒性や、対処、ミスをしづらい環境づくりを少しでもお伝えできればと思っています。